スタッフブログ
ブランキングアート展に出品しています
2019.10.15

現在 燕三条wingで行われている「ブランキングアート展2019」にフクエーも参加しています。

ブランキングアートとは、製造工程で排出される事業排出物、主にブランク材やスクラップと言われる材料などを用いて、創意工夫により新しい作品に生まれ変わらせることで「モノづくりの心と技」を表現し、地域内外へと燕三条を発信する取り組みです。

 

今回は制作の裏側を少し紹介させていただきます。

まず廃材のニットでなにを作るか、地場産業振興センターへリサーチに行きました。

様々な名産品の中から、とくに包丁が目に留まりました。

燕三条は金蔵や鉄加工などでよく知られています。

弊社の廃材の多くはニットや糸で柔らかいのですが、あえて硬い包丁を作ってみようと思いました。

まず大きさと形を決めて型紙をつくります。

包丁のパターンも、使い終わった紙を再利用しています…

弊社に刺繍の設備がありませんが、工夫して工業用ミシンで刺繍を施しました。

 

そして完成した包丁がこちらです。

奥に展示してあるジャケットの生産過程から出た廃材が使われています。ぜひお手に取ってご覧ください。

包丁が収納できるポケットも付いていますので、ご家庭の台所におひとついかがでしょうか。

廃材はたくさん排出されます。

切れ端や、生産過程で必要でも製品に仕上げる段階で不要になってしまう部分などがあります。

捨てられてしまうものが包丁に変わったのを社内外の方が楽しんでくださり、こうした活動はこれからも続けていけたらと思いました。

 

川原