スタッフブログ
2020.1.20

以前にもご紹介されていた「加茂 美人の湯」です。

昨日も行ってきました。

正式名称は、「加茂市市民福祉交流センター 加茂美人の湯」といいます。

加茂市が運営している温泉施設ですね。

実は、この美人の湯は、新潟県で有数の温泉濃度があり、数少ない高張性温泉の一つなのです。私は、この「濃い~感じ」が大好きです。

なんと温泉基準の26倍の濃度なんです。

フクエーからは、車で約20分。

食事も出来るので、週末は、結構長い時間楽しんだりしています。

今は、ちょうど北越のソウルフードの「のっぺ」がメニューにありました。

露天風呂からは、粟ヶ岳の雄大な景色が見えます。

今度、この美人の湯でコンサートが開かれます。

最近、ヨガ教室が開催されたりと、どんどん人の集まるところになっていくよう、市が頑張っています。

こちら方面に来られた折は是非、「加茂美人の湯」でリフレッシュしてください。

 

そして、温泉で心と体をリフレッシュした後は、もう一つの楽しみがやはり食べ物ですね。

「越後姫」という苺です。

もう出ていました。

 

各地でいろいろな苺が有名ですが、この越後姫、めちゃくちゃ甘いです。

この写真をご覧になられる方々から、「もっと糖質を考えたら~」ってお叱りを受けるかもしれませんが・・・・。

心も体も整えて、今日からのお仕事頑張ります!

 

1月20日 社長

 

 

 




2020.1.7

あけましておめでとうございます。

令和2年が、皆様にとって素敵な歳になりますように。

今年の干支は、ねずみ。

ということで、とにかく動き回って嗅ぎつけて、獲得して、

社員のみんなが幸せになるよう今まで以上に頑張っていきたいと思います。

 

昨日が、仕事始めということで、幹部社員と年頭のご挨拶と

商売繁盛、そして何よりも社員、ご家族の健康を祈念すべく

我らが氏神様であらせられる青海神社にお詣りをしてきました。

社務所から本殿へ続く鴬張りの廊下は、とにかく寒い。

でも、この寒さが本殿へ向かう私たちをピシッとさせます。

 

 

 

 

今年一年、いい年になりますように。

 

2020年1月7日 社長

 

 




2019.12.18

万代島美術館で開催中のタータン展に行ってきました。

タータンとは というところから 、様々な種類のタータンチェック、タータンを装った人々が描かれた作品などが展示してありました。

会場の様々なところにタータンチェックがあり、展示の内容もとても面白かったので、ほどんど撮影禁止だったのは残念です。

 

展示の最後に長岡芸術大学の学生さんが作ったタータンチェックが展示してありました。

チェックの中のひとつひとつの色に意味が込められた、よく考えられたタータン、とても可愛かったです。

また、そのタータンチェックを編んだニットが並んで展示されていて、新潟ならではを感じました。

織物は縦糸と横糸で構成されますが、ニットはその点違っているので、色の出方や雰囲気はやはり織物とは違ってきます。織物は柄がパキッと出るのに対して、ニットは色と色の境がぼやける感じになり、やさしい印象になっていました。

 

また、この日はみかづきデビューをしました。

スペシャルホワイトイタリアン!!私は県外から新潟に来たので、これでイタリアンは人生2回目です。

日刊スポーツとのコラボ商品とのことです。

ホワイトソースにしっかりベーコン、スパイスが効いていてとても美味しかったです。

 

川原




2019.11.25

週末は天気が良かったので、会社から三条まで自転車で行きました。

田んぼを眺めつつ

信濃川を眺めつつ

信濃川を横切りつつ

田沢農園でアイスを食べつつ

つばさんフルーツ通り ふるふるで野菜を買いつつ

田んぼの中を走りつつ

往復で2時間弱のサイクリングをたのしみ、

帰宅しました。

田沢農園さんではいつも季節の果物をつかったアイスが楽しめます。

果物以外もたくさん種類があり、この中から3つに絞るのにはとても迷ってしまいます。(アイスはシングルから注文できます)

帰り道に寄った三条ふるふるでは、いつも新鮮な三条の野菜や果物がたくさんあり、自転車のかごいっぱいに野菜を買ってしまいます。

こんなに立派なキャベツはなかなかスーパーで買えません。

 

川原




2019.11.11

糸魚川へ日帰り旅行へ行きました。

糸魚川は新潟の中でも日本海側で、会社のある加茂には海がないのでなかなか旅行感が味わえます。

荒れた日本海を横目に、電車を乗り継ぎ3時間半ほどです。

旅の目当ては、建築が面白いと聞き、以前から行ってみたいと思っていた谷村美術館です。

建築は村野藤吾、所蔵されているのは木彫芸術家の澤田政廣の作品です。

外観はモダンな雰囲気で、撮影できない内部もまたとてもかっこいいデザインでした。

光の入り方がよく考えられていて、展示されている作品ととても合っていました。

展示されていた仏像は今まで見たなかで最もユニークな仏像で、外も中身も楽しむことができました。

ぜひ、谷村美術館で見てみてください。

 

谷村美術館の隣には玉翠園という日本庭園があります。目の前に広がるすばらしい日本庭園を眺めながら、富山~糸魚川で古くから親しまれているバタバタ茶をいただけます。

バタバタ茶はお茶に少し塩を入れていただくのですが、茶菓子と一緒にいただくと想像以上のおいしさでした。

 

 

この器でいただいたきました。翡翠がデザインされています。

糸魚川は翡翠がとれる町で、町のあちこちに翡翠の絵が見つけられます。

 

翡翠の町ということで、フォッサマグナミュージアムにも寄りました。

糸魚川から静岡まではフォッサマグナという、日本列島ができた際の大きな大地の割れ目が走っています。

展示物の量に圧倒されながら、久しぶりにたのしく理科の勉強ができます。

糸魚川の観光地は比較的バスであちこち見て回れるので、日帰り旅行に最適でした。おすすめです。

 

川原




2019.10.30

現在フクエーブランドは秋冬の新作を展開しています。

今回はインナーに便利なベーシックなシリーズと、ブークレ糸を使用したあたたかいニットジャケットのご紹介です。

ジャケットは全7色、インナーもそれぞれ全7色と、カラー展開が豊富です。

豊富なカラー展開にくわえて、インナーのニットはクルーネック、Vネック、タートルネックの長袖プルオーバーでお選びいただけます。

ベーシックであわせやすい、ジャケットとインナーのコーディネートをお楽しみください。

こちらの商品は各お取り扱店舗でお手に取ってご覧いただけます。

店舗によってお品ぞろえが異なりますので、事前にお問い合わせされた方が確実です。

 

川原




2019.10.15

現在 燕三条wingで行われている「ブランキングアート展2019」にフクエーも参加しています。

ブランキングアートとは、製造工程で排出される事業排出物、主にブランク材やスクラップと言われる材料などを用いて、創意工夫により新しい作品に生まれ変わらせることで「モノづくりの心と技」を表現し、地域内外へと燕三条を発信する取り組みです。

 

今回は制作の裏側を少し紹介させていただきます。

まず廃材のニットでなにを作るか、地場産業振興センターへリサーチに行きました。

様々な名産品の中から、とくに包丁が目に留まりました。

燕三条は金蔵や鉄加工などでよく知られています。

弊社の廃材の多くはニットや糸で柔らかいのですが、あえて硬い包丁を作ってみようと思いました。

まず大きさと形を決めて型紙をつくります。

包丁のパターンも、使い終わった紙を再利用しています…

弊社に刺繍の設備がありませんが、工夫して工業用ミシンで刺繍を施しました。

 

そして完成した包丁がこちらです。

奥に展示してあるジャケットの生産過程から出た廃材が使われています。ぜひお手に取ってご覧ください。

包丁が収納できるポケットも付いていますので、ご家庭の台所におひとついかがでしょうか。

廃材はたくさん排出されます。

切れ端や、生産過程で必要でも製品に仕上げる段階で不要になってしまう部分などがあります。

捨てられてしまうものが包丁に変わったのを社内外の方が楽しんでくださり、こうした活動はこれからも続けていけたらと思いました。

 

川原

 

 




2019.9.24

いよいよ来週に迫ってきた、燕三条 工場の祭典

是非遊びに来てください!

井栗エリアの13工場では、楽しいスタンプラリーも開催!

詳しくは、道の駅 庭園の郷 保内まで!

No.65 フクエー

 




2019.9.10

週末は会社の先輩方にアイス屋はしごの旅へ連れて行っていただきました。

 

最近ずっと涼しかったのですがこの日は暑かったので、朝ごはんにもうっかりアイスを食べてしまった私です。

ちなみに朝たべたのは、お取り寄せしたSEIKO MARTさんのとうきびモナカでした。

 

一件目は田上のSorrisoさんです。

 

私はトリプルを注文しました。

食べたい味だけで注文したので、色合いが全体的に白になってしまいました。

今時写真映えより自分が食べたいものが大事な私です。

ゴルゴンゾーラ(左下)/ お酒(右下)/ スペシャルチョコマーブル(上)です。

えらべる味の種類が豊富です。比較的後味すっきりでさっぱりしています。

ちなみにこちらは食パン工房も兼ねていて、予約必須でとても美味しいそうです。

 

二件目は加茂の商店街にあるAMEYA AISUさんです。

こちらはアイスとお酒がたのしめるお店です。

私はあずきを注文。こちらも種類豊富でしたが、あずきがイチオシとのことです。

スプーン一口サービスしてくださいます。ラズベリーをのせて頂きました。

 

2軒とも加茂駅、田上駅から歩いて行けるところにあるので、また週末は違う味を食べに行きたいと思います。

 

9月10日 川原




2019.8.19

・・・神輿深川、山車神田、だだっ広いが山王様ーーー(江戸三大祭)

夏休みの最中にいつも行われる深川八幡祭り

今年は、子供神輿が55基練り歩きました。

そして、子供神輿連合渡御の翌日、我らが深川一丁目の神輿が宮渡御を。

宮渡御とは、本祭りの宮入り、宮出しとは異なり、単基でお宮参りをする行事です。

深川八幡祭りは、江戸三大祭りの一つですが、他のお祭りや各地で開催されているお祭りと異なるのは、「江戸幕府の命により始まったお祭り」というところ。

徳川家光の命により家綱の世継ぎ祝賀の為に始まりました。

さて、今回は、昭和以降初めて我らが深川一丁目の神輿が宮渡御を行いました。


赤い鉢巻は、幹事睦です。

総勢350人の担ぎ手で宮渡御を行いました。

道中の安全を見守って下さった近隣町会の皆様にも感謝です。

来年は、来年は、3年に一度の「本祭り」になります。

町会神輿が55基、江戸の下町中を練り歩きます。オリンピックとパラリンピックの間に開催されますので、多くの外国からの皆様にも見て頂けると思うと今からとっても楽しみです。

8月19日 社長